場の記憶・紙上の記憶

13水彩画で日常を描く

普段何気なく生活している中から、特別な一枚を描きだしていきます。

境内で遊ぶ子供達の姿が懐かしい、東海道上伝馬宿大慶寺を舞台にスケッチをします。透明水彩や鉛筆で、素朴な優しい一枚を描きましょう。画家である案内人が、絵を描く仕組みをわかりやすく説明しながら一緒に作品を制作します。

案内人

山本宗平 画家。
サンフランシスコの美術大学を卒業後、画家として活動。 ポルトガル移住が夢。

注意事項

雨天延期(12月4日)

画材は透明水彩と鉛筆とします。各自用意して持参してください。画材のお問い合わせはアートカゲヤマ 054-641-5850

山本宗平の講座とお伝えください。画材と同時に、折りたたみの椅子があると便利です。又、昼食は各自持参か、上伝馬界隈でお楽しみください。

集合場所

大慶寺 藤枝4-2-7

【最寄りバス停】中部国道線「千歳」徒歩1分
【駐車場】有

大きな地図で見る

申し込み・問い合わせ先

みちゆかしWebサイトまたは、SACLABO Tel.070-5332-3955

注意事項

開催日程

水彩画で日常を描く

実施日時
2017/11/28(火)10:00~15:00
予約開始
2017/10/27
予約終了
2017/11/21
料金
5,000円(材料費別)
定員
9/12
最少催行
5
備考
正午から1時間昼食

このプログラムのネット予約は終了いたしました。