03丁子屋で浮世絵ととろろ汁を ゆる~く楽しむ会

今から百八十年前に歌川広重が描いた浮世絵『東海道五十三次』を、僕らなりの解釈でゆる~く楽しむことを目的とした会です。『

東海道五十三次』には、その地で暮らしていた人や訪れた人それぞれの風景があります。

昔の旅道具を身に着けたりしながら想像を膨らませ、浮世絵の世界を体感しましょう。

案内するのは、東海道の宿場で商売人同士の繋がりを作る活動をしている「丁子屋」の14代目。

宿場の「今」の繋がりや、これからの東海道についてお話をします。

恒例のとろろ体験もありますよ!

浮世絵の中の旅人の気分で、とろろ汁を楽しみましょう!

案内人

丁子屋14代目 柴山広行
地域と歴史と東海道をゆる~く
楽しむことを主な活動としています。

注意事項

【最寄りバス停】中部国道線「丸子橋入り口」徒歩2分

【駐車場】有:丁子屋茅葺の向い側(川を渡った第2駐車場)

【備考】雨天決行

集合場所

丁子屋(静岡市駿河区丸子7-10-10)

大きな地図で見る

申し込み・問い合わせ先

みちゆかしWebサイト

または、

丁子屋(054-258-1066)

注意事項

開催日程

丁子屋で浮世絵ととろろ汁をゆる~く楽しむ会

実施日時
2018/10/13(土)16:00~19:00
予約開始
2018/9/1
予約終了
2018/10/7
料金
大人2,800円/高校生以下1,500円
定員
6/20
最少催行
5

ネット予約は会員登録後、ログインする必要があります。