民話「水上池の悪龍」を知る

05東海道筋、水上万福寺の由来

かつて水上村(藤枝市)には水上池という大きな池があり、そこに住む毒龍が毎年往来の人を悩ましていました。

水干不動縁起の万福寺を舞台に語り継がれた伝説を、紙芝居で楽しく語ります。

『水上池の悪龍伝説』の紙芝居の絵を担当した新出幸雄さんが案内人となり、阿部けい子とびくの
会がプロジェクション紙芝居にてナビゲート。

また、藤枝市の画家・田中昌保さんの講話で、藤枝市水上地区の今と昔を教えてもらいます。

想像力を働かせながら、今と昔の地域の移り変わりを観て聴いて知る1日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

案内人

美術家:新出幸雄
阿部けい子とびくの会
画家:田中昌保

注意事項

【最寄りバス停】駿河台線「瀬戸新屋東」徒歩8分

【駐車場】有(10台)

【備考】雨天決行 駐車場が限られています、なるべくバスなどの公共交通機関をお使いください。

集合場所

大井神社境内 水上公民館(藤枝市水上28-1)

大きな地図で見る

申し込み・問い合わせ先

みちゆかしWebサイト

または、

SACLABO(070-5332-3955/9:00-17:00)

注意事項

開催日程

東海道筋、水上万福寺の由来

実施日時
2018/10/7(日)14:00~16:00
予約開始
2018/9/1
予約終了
2018/10/1
料金
500円
定員
7/40
最少催行
10

ネット予約は会員登録後、ログインする必要があります。