69『おいしい藤枝』を再発見! 藤枝産米粉を使った簡単料理

藤枝市音羽町2丁目12番5号
清水屋さんは、こちらです。

清水屋さんは 米穀販売・肥料・農薬販売部があり、創業130余年の経験と実績をお持ちのお店です。
春には桜並木となる瀬戸川の土手からもすぐ、谷稲葉インターからもすぐ、茶町の旧道からもすぐ近く。
志太温泉線「清水山入口」から徒歩0分です。

「初めまして」
空も広くて清々しい午前10時。
「不動産部」とかいてあるこちらが本日の会場です。藤枝おんぱくの旗が風になびいています。

 

ここは普段は別の用途に使われている場所ですが、このような感じに準備されていました。
家電製品のデザインや形が、なんとまあ。

ビニールのレース模様のテーブルクロスに、ベゴニア。ソファに置かれたクッションの花柄。
昭和50年代生まれのレポーターにとってはとても懐かしい雰囲気に思われました。
子どもの頃、友達のうちや親戚っち(親戚の家を意味する、方言)に、寄る時のような安堵感。
思わず「おじゃましまーす!」と言ってしまいたくなるような。
ビニールのテーブルクロスに、ベゴニア。ソファに置かれたクッションの花柄。

参加者の皆さんがお揃いですね。

img_2324

今日のプログラムをやってくださるのは清水屋さんのお米マイスターであり美食家の鈴木桂子さん。
お米の消費拡大につながるよう「米粉」に期待をかけ続けているお方です。


桂子さん、直筆の「静岡県産米粉はココがスゴイ!!」
手書きの文字からも、お米への意気込みが伝わってきます。

皆さんも、エプロンと三角巾をつけて。ほいじゃぁ、始めましょうかねぇ
今日は地元藤枝産の米粉を使用します。清水屋さんで販売しているものだそうです。

「さまざまなメニューに大変身」
焼く・包む・揚げる・煮る・・・・
皆さんで調理していきます。


子供さんもご一緒に。

そして・・・・・・・
「お昼ごはんできたよ〜」
急激にお腹が空いてきました。

 

天ぷら・かきあげ・パン・カレー・ライスコロッケ・スポンジケーキ・どら焼きの皮・ショートブレッドの
で・き・あ・が・り!
さあ、「いただきまーす」

米粉の天ぷらの衣は、揚げたては軽い衣でかりかりしており
さめると硬くなるせんべいのようなので卵をいれると良いそう。「低吸油でさっぱりヘルシー」
今日は、無農薬の新芽をこの日の為に保存した、お茶の天ぷらと、静岡県の桜海老のかき揚げの2種類
他には、さつまいもがお菓子みたいで美味しいので、鈴木さんのお勧めだそうです。

ライスコロッケは お茶碗一杯のご飯に牛乳いっぽんを混ぜ
米粉プラス水 にくぐらせ、衣にまぶしてあげました。
衣はパン粉 ごま コーンフレーク ビーフンと何でも良いそうです。

パンやお菓子を作るには米粉は細かいほうが良く
パンは発酵が一回でよいが、1割くらいグルテンいれないとふわふわしないのだそう。


一番最初に、つくったどら焼きの皮は、最後にデザートになりました。
藤枝の苺を丸ごとソースにしたものを添えて。

もちろん、お供のお飲み物は、お茶。(お茶苦手な方への用意もして下さってましたよ)
しぞーか人は、朝起きてお茶、ご飯食べてお茶、寝る前も⁈お茶、です、よね?

添えられた敷き紙には、藤の花。
鈴木さんの様々なおもてなし。

ちなみに、お米以外を否定するのではなく、小麦粉も美味しい。
そして、何よりお米もおいしい!というのが鈴木さんのお考えです。
グルテンという小麦や大麦等の穀物に含まれるたんぱく質のアレルギーの方も
米粉に置き換えれば、食べたいものを諦めないで食べられる可能性があり
テニス選手のジョコビッチさんは「グルテンフリー」の食事をしているのだそう。

その他、色をつけて花形にする東北のお菓子、東南アジアの点心 生春巻きなど
米と文化にまつわる話もお聞きし、新たな興味が湧きました。

米粉を買う際、裏の表示をよくみて混じり物がないものを選んでとのこと。
清水屋さんで買えば、安心ですね。

 

周辺を歩きながら、会場に辿り着いて参加するのも、おんぱくの楽しみ方の一つ。
今日の「マイ(my)発見」
隣の茶町歩きをしていたら、こんなもの、見つけました。

img_2382

 

 

 

プログラムはこちら
(レポーター小長谷)
69『おいしい藤枝』を再発見! 藤枝産米粉を使った簡単料理