24発見者、塩坂邦雄先生(地質学者)と行く糸静線「巨大露頭」

20176月、地質学者・塩坂氏が糸魚川〜静岡構造線上に巨大な新露頭を発見しました。

「天然記念物級の貴重なジオサイト」と評され、観光や教育への利用が期待されています。

今回は「駿府城公園内」と葵区下の「新東名」付近から見る断層、龍爪山露頭、

そして新発見の清水区興津川支流の巨大露頭を片道約40分の山道を歩きながらご案内します。

案内人

工学博士(地質学者) 塩坂邦雄

東海地震を予知するため、富士川断層を光波測距儀で観測を続け、

台湾第4原発付近の断層を発見し廃炉に道筋をつけました。

糸静線フォッサマグナミュージアムの建設が夢。

 

注意事項

歩きやすい格好で、特に冬ですので防寒対策をお願いします。

靴は滑りにくい靴で、雨具をご持参ください。

※徒歩以外の移動は全てジャンボタクシーになります。

集合場所

JR静岡駅北口交番前(集合・解散)

駐車場なし

大きな地図で見る

申し込み・問い合わせ先

千代田タクシー・旅タクツアー(TEL:054-297-5234)

注意事項

開催日程

第1回発見者、塩坂邦雄先生(地質学者)と行く糸静線「巨大露頭」

実施日時
2018/2/17(土)9:00~17:00
予約開始
2017/12/21
予約終了
2018/2/10
料金
7,600円
定員
16/16
最少催行
8
備考
徒歩以外の移動は全てジャンボタクシーとなります。

予約は満員です。