おんぱくとは

「 地域 × ○○ 」の“地域体験プログラム”を開催します。

地域資源を活用した“地域体験プログラム”を開催します。

温故知新! “今あるもの”を“新しい視点”で見つめます。

今ある地域資源を、新しいアイデアや新しい視点で見つめ直し、
体験プログラムを作り上げる過程を通して、
地域の気づかなかった魅力、奥深さ、おもしろさに出会い
その豊かさに気づくきっかけづくりをします。

地域のファンを作ります

旅行や観光で訪れる人はもちろん
地域に住む人の中にも“ファン”を増やしたいと思っています。
自分の住む地域をスキになることこそ
持続可能な地域づくりへの第一歩だと考えます。

主役はあなたです。

プログラムを提供するパートナー
体験する参加者の方々
訪れた人を受け入れるまちの人
開催を支えてくれる方々…
おんぱくの主役は“あなた”です。
みんなで一緒に地域を楽しみましょう!

「駿河 東海道おんぱく」について

江戸時代から続く、東海道を行き交う旅人と宿場町に住む人々との交流。
それは暮らしを育み、歴史や文化を生み、静岡市をより魅力的に彩ってきました。
そんな静岡市で商いを営み住民が、古に思いを馳せ、
駿河の魅力をふんだんに取り入れたさまざまなプログラムを企画しました。
静岡の冬は、1年の中でも最も美しい富士山が見られるハレの季節。
静岡のまちが舞台の駿河東海道おんぱく2018は、
2018年2月3日から3月18日の 44日間、開催します。
静岡ならではの人、物語を
食べる、出会う、まちあるく。
最高の体験があなたを待っています。
静岡の「温故知新」を五感で楽しんでみませんか。

実施団体

主催/ 東海道歴史街道観光推進協議会
運営/ 駿河 東海道おんぱく事務局((公財)するが企画観光局内)
協力団体/ 静岡市